FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画材と保存について

使用している画材について。
●用紙
ウォーターフォード水彩紙ホワイトの細目 約A4サイズ
※保存に最適な中性紙です。
※手裁断の為、微妙なサイズのズレ等ご了承ください。

●使用画材
▽主線
・ホルベインドローイングインクの
スペシャルカラー不透明インク(顔料)
★SP色は顔料なので耐光性があります。

▽主な着色
・透明水彩絵具
ウィンザー&ニュートン、ホルベイン、
シュミンケ・ホラダム、クサカベ(4種類とも顔料)

★透明水彩絵具ですが一部に不透明色を使っています。
★塗れると色が流れるので水濡れ厳禁です。

▽部分的な補助
・水彩色鉛筆
ファーバーカステルのアルブレヒトデューラー水彩色鉛筆と
ステッドラーのカラト アクェレル 水彩色鉛筆
★どちらも顔料系です。
★仕上げ段階の補助に濡らさずに使用。
★メーカー様サイトによるとどちらも耐光性と発色が良いそうです。

▽ホワイト
・ポスターカラーの白色
★完成後、UVマットバーニッシュで保護済み。


耐光性、保存方法について。

光に弱く暗所でも変色が早いとされる染料系の画材よりも
耐光性、耐久性がある顔料系の透明水彩絵具を中心に使っています。
ですが厚塗りのアクリル絵の具やペンキ塗料よりは耐久性は低いです。
染料のコピックは昔、一部に使っていましたが現在は使っておりません。

すべての画材に言える事ですが
色や濃度により耐光性の差があります。
保存に適している中性紙も長期的に日光や照明にあてると
日焼けして変色しますのでご注意ください。
イラストには汗や汚れた手ではお触れにならない様お願いします。
(着色の際は必ず石鹸で手を洗っています)
タバコの煙も付着しやすく変色の原因になりますのでお気を付けください。

画材に比較的耐久性があるとは言え、
手描きイラストは再生産のできない一点ものであり
デリケートな物と考えています。

あらゆる物が紫外線で劣化する点を考えますと
長期保存されたい場合は通気性がよく
湿度の低い暗所での保存がおすすめです。
湿気は下の方に溜まりますので高い場所に保存してください。

ファイリングするかイラストを清潔な紙で挟んだのち
シリカゲルを入れた箱(桐の箱がベストです)に入れて保存し
たまに換気すると湿気が防げます。

もし飾られる場合は日光(紫外線)の入りすぎない部屋で
UVカットアクリルガラスを使用して額装するのがいいかと思います。

長くなりましたが読んでいただき有難うございました。
スポンサーサイト
プロフィール

矢倉やや

Author:矢倉やや
YAHOO!ID.yaguraya787
アナログの手描きイラストを
ヤフーオークションに
ときどき出品しています。

同人誌委託中(18禁)
★とらのあな様。
ことりあそび



↓オークションページ。
出品中の商品はこちら






2013/6/29カウント開始


最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。